不登校 原因と対応対策へのアプローチのTOPに戻る
「不登校 原因と対応対策へのアプローチ」トップ >  不登校児童生徒の現状 > 不登校 どんな状態?<原因と対応対策へのアプローチ


不登校 どんな状態?<原因と対応対策へのアプローチ

スマートフォンはこちらから


文部科学省不登校の定義
文部科学省学校基本調査で定義している不登校児童生徒は、年間30日以上の欠席が認められ、何らかの心理的,情緒的,身体的,あるいは社会的要因・背景により,児童生徒が登校しないあるいはしたくともできない状況にある者で病気と経済的理由を除くとしています。
具体的には、
【学校生活上の理由】
 いやがらせをする生徒の存在や教師との人間関係等、あきらかにそれと理解できる。学校生活上の影響により登校しない、できない。
【あそび・非行】
 あそびや非行グループにはいったりして登校しない。
【無気力】
 無気力でなんとなく登校しない。登校しないことへの罪悪感が少なく、迎えに行ったり強く催促すると登校するが長続きしない。
【不安など情緒的混乱】
 登校の意思はあるが身体の不調を訴え登校できない。漠然とした不安を訴え登校しないなど、不安を中心とした情緒的な混乱によって登校しない、できない。
【意図的な拒否】
 学校にいく意義を認めず、自分の好きな方向を選んで登校しない。
【複合】
 不登校状態が継続している理由が上記具体例と複合して、いずれが主であるか決め難い。

サイトが対象とする不登校児童生徒の範囲
文部科学省でいう不登校児・生徒の定義は、あそび・非行による怠学、LD、ADHD等による不適応による不登校を含みますが、このサイトでは、学校に行きたくてもいけない子および無気力な子で経済的理由を除く不登校児・生徒を対象にしています。

頭痛、腹痛、発熱、強い倦怠感など様々な体調の悪さを訴え、疲労感、集中力の低下、勉強の理解能力の低下による不安感、いらいら感と絶望感の中で自分自身を責め続けて苦しんでいる状態の子が象徴的な状態です。
また、その後の結果である無気力状態に至った子たちです。また、わが子の状態を案じ、苦しみ、悩み、なんとか普通に戻ってほしいと願う不登校児童を持つ親を対象としていますので、虐待も除きます・

文部科学省は不登校の定義として、30日の欠席という線引きをしていますが、「30日に達していないからうちの子は不登校ではない」というように考えないことが大切です。不登校であることの認識が遅れれば、その対応も遅れることになります。
登校拒否がはじまったら、できるだけ早い時期に専門家に相談することが重要です。
不登校の予防についてはこちら

学校基本調査

平成15年学校不適応対策調査研究協力者会議報告


                                       

関連コンテンツ

不登校 小学生・中学生・高校生の現状

スマートフォンはこちらから ■不登校児童生徒の人数 1975年を境に不登校小学生・中学生の数は急激に増加しはじめ、2001年のピーク時には138,733人に達しています。 最新の学校基本・・・