不登校 原因と対応対策へのアプローチのTOPに戻る


不登校 小学生・中学生・高校生の現状

不登校児童生徒の人数
1975年を境に不登校小学生・中学生の数は急激に増加しはじめ、2001年のピーク時には138,733人に達しています。
最新の学校基本調査によれば、2010年度の不登校小学生の数は、22,463人、中学生は97,428人。2011年度の不登校小学生は22,622人、中学生は94,836人でした。
その間、増減をくりかえしていますが、ここ数年は不登校中学生はやや減少し、小学生は増加傾向を示しています。
また、低学年から高学年に向かうほど不登校児童生徒数は増えていきます。
2011年度学年別不登校生徒数
1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生
小学生1,044人1,714人2,737人3,939人5,666人7,522人
中学生2,1895人3,3716人3,9225人
在籍小学生人数
2010年度の小学生総数は6,993,300人で、前年よりも約7万人減少しましたが、不登校小学生は136人増加しました。
学校基本調査上の不登校の定義は、年間30日以上欠席した児童生徒のうち、病気および経済的理由を除く児童生徒を不登校としています。
クラスではなく保健室登校の児童生徒や、遅刻早退は含まれていません。
不登校になる要因分析については、内閣府「子ども・若者支援地域協議会体制整備モデル事業」のなかでまとめられており、時代とともに変遷している様子が伺えます。
分離不安説(分離不安型1950年代後半〜),神経症的中核説(葛藤型1960年〜1970年), 学校病理説(無気力型1970年〜1980年),社会病理型(脱学校型1990年〜2000年), そして2003年以降は、生き方の問題として捉えています。

不登校児童生徒・高校生の割合
中学生総数は357万人に減少していますが、実に37人に1人の割合で不登校中学生が存在し、不登校小学生は、311人に1人の割合で存在しています。
また、国公私立を含めた不登校高校生の数は、55,707人(2010年)。60人に1人の割合で不登校高校生が存在します。
そして、不登校高校生のうち、31.5%のひとが高校を中途退学しています。

なお、上記数値は、非行や遊びを含めたトータルな不登校児童生徒の統計で、本サイトが対象にしている不登校児童生徒よりも広義の統計です。

不登校問題が顕在化して35年経ちますが、その間、文部科学省は不登校問題にかかわる調査研究者会議を組織し、不登校問題に対する施策を提言してきました。しかしながら、改善のきざしが見られないのが現状です。
2011年7月、国は13年ぶりに「 不登校生徒に関する追跡調査研究会」を設置し、不登校を経験したひとのその後を調査することにしました。
調査する内容は、「不登校当時の状況」「中学校卒業後の状況」「現在の状況」です。

高校の不登校、中退に関しては、生徒指導研究センターが、ある地域の今年度の高校1年生をずっと追跡していくという調査を実施し、これまでの不登校施策を点検し、より適切かつ効果的な取り組みを検討するとしています。
学校基本調査:全児童生徒数に占める「不登校」の比率 文部科学省
平成21年度文部科学省学校基本調査速報
平成17年文部科学省学校基本調査 高等学校
                                       

関連コンテンツ

不登校 どんな状態?<原因と対応対策へのアプローチ

文部科学省不登校の定義 文部科学省学校基本調査で定義している不登校児童生徒は、年間30日以上の欠席が認められ、何らかの心理的,情緒的,身体的,あるいは社会的要因・背景により,児童生徒が登校しないある・・・